推奨ブラウザについて

当サイトをご覧いただくため、下記環境を推奨しております。

・Google Chrome 最新版
・Firefox 最新版
・Chromium Edge 最新版

STORY

沖縄の海でPADIフリーダイバーコース!海洋トレーニングについて

PADIフリーダイビングインストラクターの坪根雄大です。
水深30m以上のDEEPダイビングトレーニングも参加できるようになり、沖縄のフリーダイビングがますます盛り上がっています。
たまたま自社運営のプール施設(まりりんぎのわん)でお会いした篠宮龍三師匠に教わったフリーダイビング。
当時は体がとてもかたかった僕でも、日々のストレッチの効果がでてきて、ゆったりしなやかに泳ぐのがだんだん楽になってきました。
次は呼吸をマスターするために、ヨガに挑戦します。テレポートできるかな~

 

フリーダイビングは、自分の目標を達成するために、自分の体づくりも重要になります。

トレーニングを続けていると、健康な自分ができてきますよ。

 

前回の続きですが、コーススケジュールの中でも後半部分となる、海洋トレーニングについてご紹介します。

 

~前回の記事はこちら~

沖縄の海でPADIフリーダイバーコース!スケジュールについて

 

5月~9月は真栄田岬で海洋トレーニングが開催されることが多いです。沖縄本島でフリーダイビングをするのに一番ベストな場所!崖の下まで階段を昇り降りしないといけないので、ビーチやボートに比べると体力を使いますが、マスクとフィンだけのフリーダイビングなら、器材が重たくないので楽ちんです。

エントリーしてリーフエッジまでシュノーケルスイムで1~2分。すぐに水深15mまで到達します!ここでは水深30mくらいまでディープダイブのトレーニングもできるので、たくさんのフリーダイバー、スキンダイバーが来ています。

真栄田岬が潜れないときは、北部の崎本部ビーチ、通称「ゴリラチョップ」や、北谷の宮城海岸、通称「砂辺」で、トレーニングをします。ビーチが使えない日や那覇出発の海洋トレーニングでは、ボートで慶良間諸島まで行くこともあります。

 

海洋トレーニングでは、必ず「フロート」と「ドロップライン」を使います。

水面でプカプカ浮かんでると気持ちいいですが、少し波があったり、ゆるやかな流れがあったりすると、意外と疲れる。自分がダイブするときには呼吸を整え、リラックスすることが重要なので、フロート=浮き輪につかまって休憩できるようにします。

ドロップラインは、水底に向かってきれいにまっすぐ泳ぐための目印になります。トレーニング時には水底にがっちり固定して、「フリーイマージョン」の練習ができるようにします。

フリーイマージョンは、手でロープをつたって、水底に向かって進んでいきます。ゆっくり進むことができるので、耳抜きの練習に最適なのです。

普段は余裕で耳抜きできるけど、逆さまになるとできない!しづらい!って人が多いので、まずはフリーイマージョンを練習するのは、とても効果的です。

呼吸と耳抜き、ラインにそっての潜降・浮上をフリーイマージョンで練習したあとは、いよいよフリーダイビングの代表的種目、「コンスタント・ウェイト・ウィズ・フィン」に挑戦します。コンスタント・ウェイトは「重りの量を変えてはいけない」ウィズ・フィンは「フィンを使って」なので、一定のウェイトをつけ、ロープをつかまずに、垂直方向に何m潜れるか。

深く潜るために、潜る直前の呼吸法、頭を下にした状態での入り方、泳ぎ方などを修正しながら、数回のダイブを実施します。

動画でも見てみてください。

40分~1時間のトレーニングを1日に2~3セット。

水深10mをクリアできるまでやります!PADIのフリーダイバーコースは海洋トレーニングの水深目標が低めなので、初心者の方でもみなさんなんとかクリアできています。

10mを余裕でいけたら、最大で16mまでチャレンジできます。

また、自分のダイブが楽に気持ちよく、余裕を持ってできたら、他の潜っているダイバーをお迎えにいく「エスコートダイブ」「サポートダイブ」も練習します。

 

こちらも動画で見てみてください。

水深5mくらいで「OK?」とコミュニケーションをとります。

これがすごく安心するんです(^^)

 

こんな感じの流れで、学科講習→プール講習→海洋トレーニングと進んでいきます。

 

詳しく聞きたい方は、

Instagram:@yudai_marea

にお気軽にメッセージください。

フリーダイビングコースを開催しているショップやインストラクターをご紹介します。

 

PADIフリーダイビングの紹介はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です