シーズン前にダイビング器材をオーバーホール!

健康診断の結果が来て大きなショックを受けたマレア沖縄店・久保です(^^)/

凄く太りました。。。( ̄▽ ̄)

でも、でも、絶対に8月までにムキムキになって痩せてやる!

夏の投稿にご期待ください!(笑)

 

GW前に安全管理の研修として、僕たちが使っている器材「アクアラング」のプロフェッショナルな方に来ていただいて、BCDとレギュレーターの海で起こる可能性があるトラブルについて講習会を開催していただきました!!

スキューバダイビング時の器材のトラブルって、どんなことがあるかわかりますか?

中には、経験されている方もいるかと。。

 

岩にレギュレーターが当たったときに勢い良くフリーフローしたとか…

ディープダイビングで突然エアが吸いづらくなったとか( `ー´)ノ

または、エアが出すぎて危うくエア切れになりそうになったとか…

 

レギュレーターからエアが漏れる「フリーフロー」は、大体の原因は故障ではないのです。。

でも急にフリーフローするとビックリもするし、怖い方もいらっしゃるかと。

なにより残圧はすごく減ります。。

オープンウォーターダイバーコースで習った「フリーフローしたレギュレーターからの呼吸」のスキルは覚えてますか?実際のダイビングで応用できますか?

 

今回は、フリーフローが起きないようにするための点検=オーバーホールを紹介します!

 

皆様にもおすすめしている世界最高クラスのレギュレーター、XTX200を完全に分解しました(゚Д゚)ノ

ぶ、部品が、細かすぎる(^-^;

このレギュレーターのファーストステージは32種類の部品で作られています!

セカンドステージは36種類の部品です!!!

AQUALUNGのオーバーホールでは、劣化する部品は新しいものに交換する為、中身はほぼ新品同様になります(゚Д゚)ノ

これならフリーフローの可能性も低くなりますね!

 

【!重要!】皆さん、今年はマイ器材をオーバーホールにだしましたか??

海水の塩で痛みやすい、小さな部品たちが泣いてますよ!

一年に一度、または100本に一度がメーカー推奨です!まだ出していない方は、夏が来る前に必ず出しましょう!当店の倉庫に預けている方は、電話一本でOKですよ(^^)

今回の安全管理講習では

・何故エアがふきだすのか。

・水中で知らないうちにオクトパスから漏れる原因

・バランスダイヤフラム、オーバーバランスダイヤフラムの違い

・器材の緩みや故障の原因

など様々なケースを学びました。

 

もちろんBCDもです!

久保も愛用の抜群のフィット感BCD。その名も、アクシオムi3

分解します<(_ _)>

・何故こんなに空気を入れても圧迫感がないのか?

浮袋をみるためBCDをチョキチョキと(>_<)

・何故重たいタンクなどの負担が他のBCDと違うのか?

構造が全然違うのです(゚Д゚)ノ

 

BCDのトラブルもなかなか怖いですよね。

・空気が入らない

・空気が勝手に入る

・空気が勝手に抜ける

「中圧ホースの取り外し」や「オーラルでBCDにエアを入れて中性浮力」のスキルですね!オープンウォーターダイバーコースで習うトラブル対応スキルも大切ですが、トラブルが起きないように器材を管理することが1番大事です!

 

ちゃんと器材、洗えてますか?

水底にぶつけたり岩で擦れたりしてませんか?

 

日々の使い方も、とても大事です!

そしてオーバーホールをしっかりしてあげて、安全にダイビングを続けていきましょう!

 

オーバーホールや器材のお預かりについては、担当インストラクターもしくは久保にご連絡ください(^^)