PADIスクーバ・ダイバーコース

丸一日あればちゃんとしたCカードが取れちゃいます。気楽にやろうよ!PADI Scuba Diver Course

PADIスクーバ・ダイバーコースの紹介

沖縄でのダイビングライセンス取得コースといえば、3泊4日の「オープンウォーターダイバー」が一般的ですが、認定ダイバー数が世界一のPADIには、1日半でも取得可能な一つ手前のダイビングライセンス取得コース「スクーバダイバー」があります。

オープンウォーターダイバーコースとの違いは大きく5つ。

 

1.ダイビングを楽しむ水深は12mまで。

2.ライセンス取得後もインストラクターと一緒に潜ること。

3.かかる日数は半分以下!

4.達成する条件は約半分!

5.コース料金が安い!

 

スクーバダイバーのライセンス取得後は、水深の制限こそありますが、もちろん「ファンダイビング」に参加することもできますし、何よりも、次にオープンウォーターダイバー講習を受ける際に1日~2日でアップグレードが可能なのです。

3泊4日の休みは取れないけど、2泊3日を2回なら…という忙しい方におすすめのライセンス取得方法です。

 

PADIスクーバ・ダイバーコースの流れ

学科講習プール講習海洋実習CカードGET!

 

受講前準備

ポイント:マニュアルは全5章まであるうちの3章まででOK!

 

事前学習

沖縄に来てから学科講習を始めると、時間がもったいない!夜は沖縄料理を楽しみたいし、観光もしたいですよね。PADIの学科システムは、事前にマニュアルを送付させて頂き、ご自宅や通勤中などに予習をして頂くと、現地での学科講習が短くなります。短期間で取得するには事前学習が必須!ダイビングスクール・マレア沖縄店では、事前学習だけではなく、インストラクターからの補足もしっかり理解できるまで受けれますので、安心してください。

以下の手順で進めていきます。

 

手順

1.オープンウォーターダイバー・DVDのセクション3までを見る。

2.オープンウォーターダイバー・マニュアルの1章から順に読んでいき、「学習目標」を確認しながら進めていきます。

3.マニュアル各章の途中に出てくる「練習問題」に答えを記入しながら最後まで進めます。

4.各章最後のページにある「知識の復習」に答えを全て記入していきます。

5.マニュアルやDVDの「ダイバーとしてのスキル」を見て、プール講習のイメージトレーニングをしましょう。

沖縄到着♪

ポイント:空港送迎は対応していないショップが多いので、初めての那覇空港でも安心!

 

めんそ~れ沖縄!那覇空港到着口付近で、スタッフがお待ちしてます。那覇空港から車で約10分、那覇市内にあるショップのダイビングスクール・マレア沖縄「那覇店」で、オリエンテーションとスケジュールの確認後、学科講習をスタートします。午前中に到着した場合は、那覇空港から車で約30分の、プール施設のある宜野湾店「宜野湾マリン支援センター」まで移動し、学科&プール講習を実施することもあります。

学科講習

ポイント:常時開催しているコースが多く、最新の器材も取り扱っているので、学科で多くのことを学べます!

 

事前学習していただいた「 知識の復習」の答え合わせと解説を、インストラクターが行います。スキューバダイビングの基本知識だけではなく、長く楽しむ為の上達方法や一人一人にあったスキルアップコースの選び方、最新の器材と一般的なレンタル用器材の性能の違いや扱い方などの話を聞きながら、ダイビングの続け方を知っていただきます。実際に潜る沖縄の海の特徴はもちろん、自宅から通える本州の海や、ダイビングスクール・マレアの支店がある宮古島や石垣島などの沖縄離島、冬におすすめの海外ダイビングスポットなども視野に入れ、いつか行ってみたい場所でダイビングを楽しむために必要な技術や知識のことをご紹介します。

プール講習

ポイント:広~いプール&ダイビング専用プール&屋内シャワールームと快適施設で不安の少ないスキル練習♪

 

プール講習はマレアが運営管理を行っている宜野湾市の施設「宜野湾マリン支援センター・まりりんぎのわん」で開催します。25mのスイミングプールと水深4mのダイビング専用プール、体が冷えても安心の温水シャワー、盗難対策ばっちりのコインロッカー、1時間以上の長い講習でとっても大事な、掃除の行き届いたキレイなトイレなど、沖縄県トップクラスの快適な施設です!沖縄では料金を抑えるためにプール講習をやらずに海ですべての講習を行うことが多いですが、濁っていて怖かったり、トイレやシャワーがなくて不快だったりすると大変です。プールなら、天候や波の影響も受けないので安心・安全!プール講習では、器材の基本的な使い方やトラブルの対処法を学びます。広いプールで、泳ぐ練習もしっかりできます。水深4mのプールでは、実際に水圧の変化や浮遊感を経験・練習することが出来ます!

海洋実習

ポイント:車で約5分の「トロピカルビーチ」でサンゴやクマノミを見ながら楽しめる!

 

プールでマスターした基本的なダイビングスキルを使って、実際の海でダイビング実習!沖縄の美しい海で、かわいいクマノミやカラフルなサンゴを見ながらのドキドキワクワクの感動海洋実習になること間違いなしです。PADIスクーバダイバーコースでは、ライセンスを取得するために合計2回のダイビングを行い、その中で比較的簡単なスキルだけを実施していきます。船酔いや足が付かない場所にストレスのない方は、ビーチよりも魚やサンゴがたくさん見られるボートダイビングで実習を受けることもできます。

PADIスクーバ・ダイバー認定

おめでとうございます!たった1~2日でも、PADIのゴールドCカードをGET!!

ダイビングスクールマレアは世界最大のダイビング指導団体PADIから、安全管理・講習の質・認定実績などの面で高い評価を受けているので、発行されるCカードはゴールドカードです!PADIスクーバダイバーでも水深12mまでの場所なら「ファンダイビング」に参加して楽しむことが出来ます。そして、次に「オープンウォーターダイバー」にグレードアップするのも最短1日で簡単にできます。まずは遊びで潜ってみてもよし、今回やったことの続きを受けてもよし。一生の趣味となるスキューバダイビングを楽しみましょう!!

PADIスクーバ・ダイバーコースの詳細

日程

eラーニング+1日コース 2泊3日コース
午前 オリエンテーション→プール講習 1日目:沖縄到着→学科講習
午後 海洋実習→ログ(ダイビング記録)づけ・Cカード申請手続き 2日目:午前 プール講習
2日目:午後 海洋実習 → ログ付け・Cカード申請手続き
3日目:フリー
到着時間や事前学習の進み具合・海のコンディションにより変更になることもございます。

 

参加条件

1. 健康な体と基本的な泳力(スノーケルスイムでもOK)
2. 最低年齢:10歳

 

コース料金

・PADIスクーバダイバーコース
講習料金:35,000円(税別)
+ボートダイブ料金:10,000円(税別)※ご希望の方のみ
+Cカード申請料: 4,200円(税別)

 

料金に含まれるもの

ビーチダイビング料金、講習料金、教材費、器材一式のレンタル料金

 

料金に含まれないもの

昼食代

 

支払い方法

□現金 □クレジットカード □お振込み
※使えるカード会社:Visa、Master、AmericanExpress、JCB
※お振込先:琉球銀行 那覇ポート出張所(店番327) 普通預金 番号:320874 名義 カ)マレアクリエイト

 

必要な物

お持ちの器材・水着・サンダル・タオル・筆記用具・3cm×4cmの証明写真2枚
事前に発送された書類と教材(マニュアル)

 

プランを見る予約する料金表を見る