慶良間諸島国立公園の渡嘉敷島にフェリーで行ってダイビングしてきました。

渡嘉敷島日帰りダイビングツアー

冬休みを使って20代最後に旅をしてきました。

「人が旅をするのは、目的地に到着するためではなく、旅をするため」

という偉人の言葉を真に受け、今回は初めてのダイビングなし旅行!

 

「京都に行く」

 

ただそれだけ決めて行ってきました。

雄大です。

 

何度も電車を間違えたり、遠回りしたり、くやしい思いをしたけど、日本が世界に誇る文化遺産、

世界遺産や教科書でしか見たことのなかった景色が見れて、とても良い旅でした。

 

ただひとつ心残りなのが、「ひとつだけなら願いをかなえてくれる」というお地蔵様の前で、

何にしようかな~と思ってお祈りしたら、ずっとラッスンゴレライが頭から離れなかったことが…

悔やまれます。

 

また来年行こ!

 

さて、そんな一人旅でしたが、やはり一人旅とはさみしいもの。

できることならみんなでワイワイしたいですね!しましょうしましょう!

マレアは、一人参加のお客様が集まってみんなでワイワイ仲良く遊ぶ雰囲気をとても大切にしています。

そして、われらが沖縄県には、京都に負けない世界に誇れる「自然遺産」があります!

マリンライナーとかしき乗船

那覇(泊港)からフェリーで35分!!

夏はダイビングボートで毎日のように行ってましたが、寒くて海が荒れる冬の時期に、

7時間も船に乗りっぱなしなのはなかなかしんどい。

なんか楽して楽しめる方法ないかな~と考えてたら、

「一度、島においでよ!」という素敵なお誘いをいただいたので行ってきました!

結果的には、すごくいい!

この冬、何回か行きましたが、みんないつもと違った体験ができると大絶賛です(^^)

 

報告が遅くなってしまいましたが、那覇からフェリーで渡る慶良間諸島・渡嘉敷島へのダイビングツアーを紹介しますね。

 

4月まで開催予定なので興味があったら是非ご相談ください。

 

AM 8:30

フェリー乗り場がある那覇市内の泊港へ

出発は那覇発ダイビングツアーと同じくらいです。

渡嘉敷フェリーで泊大橋

泊大橋の下を通り、渡嘉敷島へ向かいます。大きな船なので、多少海が荒れてても対して揺れません!そして早い!

マリンライナーの中

船内には快適に座れる椅子があるので、到着までダラダラできます(^^)

渡嘉敷フェリー

もちろん、デッキにいることもできます。風が当たって気持ちいいですよ!

さすがに波高が4mとかになるとフェリーも運休してしまいます。その場合は本島近海へのダイビングに変更可能なのでご安心ください!

 

シーフレンド送迎バス

渡嘉敷港へは片道35分なのであっという間です。

港に着いたら渡嘉敷島のダイビングサービス「シーフレンド」さんのバスに乗り込みます!

ここまではがんばって荷物を持って行きましょう(^^)

シーフレンドに到着

信号少ない!車少ない!車遅い!超離島です。

僕は宮古島に8年住んでいたので、離島には慣れているつもりでしたが、さらにもっと離島です。

宮古島で言うと伊良部島、石垣島(八重山)で言うと竹富島くらいかな。

シーフレンドさんに到着したら、早速ダイビングの準備をします!

 

器材の準備

建物の1階がまるまる準備&片付けエリア。スペースが広いのでストレスフリーで準備ができます。

 

渡嘉敷ダイビング出発

更衣室もシャワーもあるのでとっても快適!

準備ができたらスーツも着て、車に器材を詰め込んで港へGO!!

ボートで準備

港に着いたらボートに乗り込み、シリンダー(タンク)へのセッティングとウェイトの準備をします。

マレアではスチールシリンダーを使用することが多いですが、こちらではアルミシリンダー!

・BCDのシリンダーバンドをきつく締め直す。

・いつもよりウェイトを2kg増やす。

この2点に気をつけましょう。

準備の指示

セッティングが不安な方は、チェック&サポートするので安心してください❤

船酔い

渡嘉敷島でのボートダイビングは、基本的には1ダイブごとに港(ショップ)に戻ってくるので、

船酔いが不安な方でも余裕です!酔っても陸にあがればすぐ治ります(^^)

 

阿波連ビーチへの道

いやいやちょちょっちょっちょっちょっと待ってお兄さん、いきなりボートダイビングは不安やんってゆー方には、1本目をビーチダイビングという選択肢もあります。マレアでは基本的にこのパターンが多いです!慣らし運転ですね。

とってもキレイな阿波連ビーチまで、施設からなんと180歩。

阿波連ビーチ到着

激近です。器材着て歩いて行けます。そしてめちゃくちゃキレイ!

サンゴ盛りだくさんで、まさに「海洋保護区」って感じです!大切にしなければいけない海。ここは是非みなさんに見てほしいとこです。

 

ウェットスーツで風呂ひとり

僕のイチオシはこのお風呂です(・ω<)

ダイビングから帰ってきたら入ることができる…かもしれない、スーツのままで入れる温かいお風呂。これがまぁ最高です。

ウェットスーツで風呂3人

3人で入っても大丈夫な広さ!

ウェットスーツで風呂

ついつい長居してしまいます。

シーフレンドのランチ

1ダイブ終わったらちょうどお昼なので、ランチ。

ここもポイント!ショップで温かいシャワーを浴びて着替えてから2階のレストランで食べるので、

体が乾くし、すぐ温まります(^^)

 

ヤギ

ヤギも食べ…

ヤギもいます。

 

島の自転車

食後はのんびり昼寝してもいいし、元気だったら集落を散策するのも楽しい!

信号とか基本的にないので、自転車や自動車には気をつけましょう。

 

右左確認

交差点を渡る時には右左をちゃんと確認しましょう。

 

阿波連の壁画

渡嘉敷島の集落の家は、海の絵や魚の絵がたくさん描かれていて、散歩してるととっても雰囲気が良いです。

阿波連のネコ

猫様もたくさんいます。人間に慣れてます。

 

新垣商店

島にコンビニはないですが、お菓子やお酒や釣具やエサが買えるお店はちゃんとあります。

シャボン玉

シャボン玉を買ってみました!なつかしい~

壁画との絵がとても素敵です。

シャボン玉魂

阿波連ビーチでシャボン玉

ビーチでもやってみました。キラキラ感が素敵!

これは…

うまく使えば、プリクラみたいなキラキラ感が出せそうですね。

 

シャボン玉銀ちゃん

シーフレンドさんの若手スタッフの銀太郎君をキラキラしてみました。

銀ちゃんはマレア系列の専門学校でインストラクターになった子で、2013年の夏はマレアで

インターンシップをしてたヤサイケメンです(^^)

 

シャボン玉高野

風が吹いているので、なかなかキラキラ感が出せない…

 

シャボン玉さき

まさきでもやってみました。

シャボンだまさき。

シャボン玉さたか

シャボン玉がかぶる…

 

そんなこんなで、

一切ダイビングをしているシーンはないですが

とても楽しくて落ち着く場所なのが分かったのではないでしょうか?

 

今回の記事では、日帰りでのダイビングスケジュールなのでAM1ダイブ・PM1ダイブの2ダイブとなります。

おすすめは2泊3日の沖縄旅行の中で、1泊2日を渡嘉敷るツアー!これなら

到着日に2ダイブ&ナイトダイビング

2日目に2~3ダイブしてから那覇に帰ってきて街に繰り出す。

 

というスケジュールになります。

 

お泊り渡嘉敷ダイビングツアーは、最近小松が手下達を引き連れて行ってきたので、そちらも

ぜひ見てみてください。

 

日帰りツアーは参加者3名様以上の日は常時開催可能!

お泊りツアーは次の開催予定は3月12日~14日です。

 

渡嘉敷島さようなら

 

次回は、お泊りツアーの楽しみ方を紹介します!

 

This entry was posted in イベント・ツアー, 慶良間諸島 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.