夏の久米島ダイビングツアー ギンガメアジの群れよりもハナダイ&カエルのマクロ撮影!

那覇空港集合

久米島に行ってきました!!

広い青空、ざわざわサトウキビ畑、オーシャンビューのホテル…

なんと言っても

渋滞がない!!

 

宮古島から出てきた僕には、沖縄本島の渋滞はとても苦痛です。

時々、恩納村や本部、離島へダイビングしにいくと、とてもホッとした気分になれます(*´ェ`*)

 

そんな離島好きな田舎育ちの坪根雄大。

ダイビング本数5150本、合計潜水時間3000時間を達成し、

休憩中は水の中の方が快適になってきた雄大店長が

 

台風12号の復活と沖縄接近に脅かされる中

久米島ダイビングツアーをギリギリ開催してきました!

 

マレア沖縄 坪根 雄大

 

 

さて、今回の久米島ツアーは、開拓者である伊東まさき氏が設定した例年のスケジュール通り

6:45 那覇空港集合!!

 

早いですね!なのでみなさん、前日の夜に沖縄INして、那覇に1泊しました。

ANAのギャラクシーフライトが人気でしたね(・ω<)

 

※ANAのギャラクシーフライト

 

次の日、朝早いし着いたら3DIVEするから

前夜祭はダメですよ!!

 

小松とお別れ

 

見送りに来た小松とお別れです。

器材は事前に久米島のダイビングショップさんに送っているので、

着替えとシャンパ…カメラなどなどの身軽な荷物でcheck in

 

RAC(琉球エアコミューター)の小さなプロペラ機に乗って出発です。

 

 

RAC機内から渡名喜島

もちろん座席は窓側確保!!

4~6月に遠征ダイビングツアーでお世話になった渡名喜島が見えました。

 

RAC機内から入砂島

渡名喜島の隣には、日曜日限定ダイビングポイントの「ナカルマ」近くにある島

入砂島が見えました。

ぐるっとリーフに囲まれたラグーンですね!!

ここに水上コテージ作りたいなぁ。

※米軍さんの爆撃が行われているので立入禁止です。

 

RAC機内から久米島上空

あっ!!

というまに久米島到着。約30分です。

のどかな風景が広がっております(*´艸`*)

 

久米島空港到着

飛行機降りたら熱風で暑いし、日射し強いし、建物まで歩かされるし、

内地の娘たちはテンションMAXです。

 

お迎えに来てくれたJiC久米島のスタッフさんに連れられて、まっすぐショップ&ホテルへ!

そして素早くダイビング準備!!

 

台風が接近していて明日はどうなるか分からないので、テキパキ行動して、

あわよくば4Diveする作戦です!!

 

jic久米島ブリーフィング

久米島は、宜野湾や恩納村と同じ「1ダイブごとに港に戻ってくる」スタイル。

ショップや港でブリーフィングしてから、出発します。

 

うんうん、しっかり聞いてますね。えらいえらい

jic久米島ブリーフィング

おや?

なんか様子がおかしいな。

 

さてはこのアラサー女子達、イケメンガイドにニヤニヤしてるだけだな…

話を聞きなさい…

 

ブリーフィングをしっかり聞いたら、

JiC久米島のヒロシ君チームと、MAREA沖縄店の雄大チームの

魚を見分けてフォトグラファーチーム

に分かれて出港!!

 

ウーーーーーーーー

 

Dive.1 ウーマガイ

めっちゃまがってるダイビングポイントです。

ドロップオフの棚上で軽くリフレッシュした後、崖に住んでいるお魚達を見に行きます!!

 

フチドリハナダイ ウーマガイ

フチドリハナダイ

宮古島では水深40mまで行かないとコイツを見れない…

久米島では水深28mで見れるのです!!

 

フォトチームの今日のターゲットは、ハタ科のお魚でハデな体色が特徴の「ハナダイ・ハナゴイ」です!雄大先生の大好きな被写体ですよ~

スミレナガハナダイ ウーマガイ

群馬の暴飲娘・さきちゃん

スミレナガハナダイ

ピントよし、構図よし、ヒレ広げてるよし、奇跡的にメスも写ってるよし、

ドロップオフの感じも出てるよし、

優勝です(・∀・)

 

まぁ、ホワイトバランスと露出の設定が悪くて色がダメダメだったから最終的に僕がPhotoshopで補正しましたけどね…

ヤイトヤッコ ウーマガイ

飲むなら飲めよ!あおりの女王・みゆっきー

ヤイトヤッコ

こいつはハナダイ・ハナゴイの仲間ではないですが、水中で僕が

「珍しいから撮っときなさい!」

と指示した一品。

 

動き回るやつをよく撮れました!!

もーちょい体全体が分かるカクディー(角度)だとバッチリです(*´ェ`*)

 

ドロップオフ ウーマガイ

みゆっきーは、ワイドのセンスがありますね!!

空間認識能力ですね!

 

ドロップオフの、空を飛んでいる感じがよく分かる写真が撮れていました。

モデルは

絶対に手本にしてはいけないダイブマスター(仮) のめーちゃん

 

朝イチ一発目の最後には、でかめのナポレオンも登場し、

スッキリ目覚めて2本目へ!!

 


ウーーーーーーーー

 

Dive.2 イマズニ

 

来ました!!

久米島の有名ダイビングポイント!!

 

港から10分くらいでギンガメアジの群れが見れる、素敵な場所です。

とりあえずまずはたくさんいる魚でフォトろう!!

アカネハナゴイ イマズニ

宴会に一人は欲しい。後処理班の名古屋嬢・みくみく

アカネハナゴイ

うぃーねぇ~

うぃーねぇ~~

 

「今日のお魚は、群れています。でも群れ全体を撮るのではなく

まずは体色が美しいオスを探しなさい。そしてそのオスがヒレを広げた時

道は開かれるでしょう…」

 

いいぞ~。ちゃんとお話を聞いてくれてたんだね…(:_;)

よく粘って撮れました!!

ピントが目にしっかり合ってれば100点満点!!

 

ギンガメアジ イマズニ

もちろん、ギンガメアジも見てきましたよ~

 

ぐるぐる ぐるぐる

 

おぉ~~、なんだなんだこいつら近づけるじゃないか~~

イマズニのギンガメアジとカワハギ

しまった。

マクロレンズだ。

ちがうやつ写ってるし

イマズニのギンガメアジマクロ

ダメだ。

マクロレンズだ…

まぁでもこれはこれでアジっぽくていいか…

 

イマズニのアカネハナゴイ

結局、途中で諦めてアカネハナゴイに集中しました。

この子たちは、慶良間諸島や恩納村では見かけないですね!!

宮古島や渡名喜島には多いです。

 

って話をJiCのひろし君としていたら、へーーーー、そうなんですねーーーー

ってなりまして。

そういえば僕も10年前くらいに、阿嘉島で働いていた関西弁のオッチャンに

 

「アカネハナゴイは宮古島の特徴やで!」

って教ったなぁ。

 

「せやで。ほんで次は やで」

 

「イ、イ…イ… イシガキカエルウオ…((;゚Д゚))」

 

「ほなグロクロユリハゼやな」

 

「ゼ、ゼ、ゼ…ゼブラハゼ…((;゚Д゚))」

 

魚の名前限定でしりとりさせられて、言えなかったら怒られてたなぁ…

 

 

ちなみにゼブラハゼは、久米島のポイントの浅場でたくさん見られます!!

 

 

 

2Dive終わったら、ショップ&ホテルに帰ってきて、さらっとシャワーを浴びてから

ランチです!!

 

スーツも脱げるし、船酔いの心配もないし

 

快適です(*´ェ`*)

 

ホテルマリンテラスとjic久米島

ダイビングショップとホテルが併設。キレイなビーチまで徒歩1分。

宮古島のマリンロッジ・マレアを彷彿させますね!

 

歩いてるのは、伊東まさき氏の卒業旅行パラオツアーにもご参加いただいた

カズ氏、まちゃ氏、じゅん氏です。

 

こちらの皆様は大人です(*´ェ`*)

飲み過ぎないから、安心です(*´ェ`*)

 

イーフビーチ

イーフビーチ

「日本の渚100選」に選ばれた2kmの真っ白な砂浜!!

人も少なく、とっても素敵な場所です。

 

はての浜風イーフビーチ

最終日に予定している「はての浜上陸ツアー」が、台風の接近で行けなくなるかもしれないので

天気が良いうちに「はての浜風」に写真を撮っておきました。

背景に何も写さなければ、はての浜に行ったことにできるはず…

 

モデルは、現在休職中のトーテム高野さんの古くからのゲスト

パラオツアーにもご参加いただいた、れいちゃんとビスケッツw

 

昼間はおとなしくて真面目な良い娘達です(*´ェ`*)

 

夜はできればお酒を飲まずに早く寝て欲しいです…

 

 

さて!

写真が20枚を超えたので、ここから先はまた次回。

 

午後からのダイブは、はての浜風写真の右端にうつっている岩山

トンバラ

を目指しました!!

 

 

~続く~

This entry was posted in イベント・ツアー, 久米島 and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.