Ginowan Coral Paradise 沖縄屈指のサンゴダイビングポイント

宜野湾のサンゴ コーラルパラダイス

宜野湾のダイビングポイント「コーラルパラダイス」

 

古き良き時代から「コーラルガーデン」とも呼ばれています。

 

先日は沖縄県恩納村在住で、いつもはシュノーケリング&ダイビングの人気スポット・真栄田岬でシュノーケリングやダイビングをしている方が、恩納村から遊びに来てくれました。

 

真栄田岬のダイビングは翼がブログで紹介していましたね。

 

透明度や魚の多さ、地形の面白さなどでは、真栄田岬には敵わないですが、サンゴの多さ、大きさ、ニョキニョキの長さ、テーブルサンゴのサイズには、びっくりしていただけました。

 

近々写真展を開催するプロカメラマンの「むらいさち」さんも、月刊ダイバーの取材でダイビングした時には、沖縄本島のこんなに街から近い場所にサンゴが残っていることに感動してくれました。

 

コーラルパラダイス テーブルサンゴ

テーブルサンゴのサイズは、初めてここでダイビングした時は僕(初代・雄大です)も驚きました!

宮古島の「八重干瀬」というスペシャルサンゴスポットを思い出すサイズ。

3日前からインターンシップに来ている三代目・雄大も驚いていました。

 

僕自身、ダイビングスクール・マレアにまさか「ゆうだい」が4人も存在することになるとは思いもしませんでした。

そう、じつは三代目ではなくほんとは四代目なのです。

 

宜野湾 コーラルパラダイス

コーラルパラダイスは、平均水深が6~7m程度なので、初心者ダイバーの方や、オープンウォーターダイバーコースの海洋実習中でも安心してダイビング可能です。

サンゴがニョキニョキのところは、上を泳ぐとヒヤヒヤするので、ところどころにある水路を泳ぎながら、周りに広がるサンゴの景色を堪能することができます。

 

浅い場所で、エアの消費も少ないので、水中写真をゆっくり・たっぷり・気の済むまで撮って練習したい方にもおすすめです。

僕がよくここで撮影するのは、イシガキカエルウオ、カクレクマノミ、セジロクマノミ、あとは季節によって色々現れる、ゾウゲイロウミウシやメレンゲウミウシなど。最近はコンシボリガイなどの珍しいウミウシも見れました!

先週、サンゴの産卵チェックをかねて初めてチャレンジしたナイトダイビングでは、1cm~5mmのかわいいミミイカが4匹も現れたり、ソフトコーラルの上に、ひっくり返ったらなかなか起き上がれないカイカムリがいたりしました。

写真のクオリティがとても低い太一のブログで紹介されたように、AM2本、PM2本、夕方&ナイトダイビングで2本と、1日6ダイブのチャンスがあるので、到着後ダイブにもとってもおすすめです。

 

コーラルパラダイス テングカワハギ

水中写真撮影が好きな方に是非狙って欲しいのが、サンゴがモリモリのダイビングポイントでしか見られない「テングカワハギ」

ほぼ必ずペアで泳いでいて、とってもキレイな体色と模様が特徴の魚。

臆病で逃げまくるので、なかなか「目」が撮れません(*´Д`)

 

コーラルパラダイス テングカワハギ 食事中

ミドリイシの枝の間で、何かを食べている時がシャッターチャンス…

でも、なかなかピントが合いません(*´Д`)

 

サンゴの間といえば…

アイダ…

AIDA…

 

A.I.D.A.とは

フリーダイビングの世界記録認定はCMAS-Confederation Mondiale des activites subaquatiques(世界水中連盟)によって行われていましたが、諸般の理由によりイタリア潜水協会等がCMASに代わり認定活動を行うようになりました。

AIDA-Apnea Internationale pour le Developpement del’ Apnea が誕生したのは1993年のことで、発起人となったのは健全な水中スポーツとしてのアプネアの普及、発展を願うダイバー、エンジニア、医師、そしてアプネアの競技者たちでした。

AIDAの活動主旨はアプネア競技の振興と世界各国で樹立されるアプネアの記録を漏らさず正式な記録としてとどめてゆくことで、現在行われる世界のフリーダイビング競技はAIDAの公認によるものです。

また、A.I.D.A.は記録公認のみならず、新しいアスレチック・スポーツとしてのフリー ダイビングの啓発、振興に熱意を示しており、フリーダイビング・ワールドカップなどの各種競技会の開催、トレーニングやセキュリティ・メソッドの確立他、フリーダイビングの普及に不可欠な活動も精力的に行っています。

http://aida-japan.com より

 

AIDAといえば、フリーダイビングです!

 

コーラルパラダイス スキンダイビング

これは、三代目のスキンダイビングです。

 

スキンダイビングとフリーダイビングの違いはなに??

フリーダイビングって、一般人(いちおうスキューバダイビングのインストラクター)で、何mくらい潜れるようになるの??

 

そんな疑問を解決するために、来月から日本チャンピオンにフリーダイビングを習ってきます…

 

サイドマウントダイビングにフリーダイビング。今年も忙しくなりそうです。

 

そんな忙しくも楽しそうな夏の沖縄の海でお会いしましょう。

 

初代・雄大でした。

This entry was posted in 中部 宜野湾 and tagged , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.